世界中に広がる300セットの姉妹校

精道学園の精神的な創立者といえる聖ホセマリア・エスクリバー神父。
「人権や身分や年齢に関係なく、すべての人間が聖性に呼ばれている」と人々に呼びかけ、その教えは世界に広がっていきました。

1928年に聖ホセマリアが創立したオプス・デイの精神に学び、志を同じくする学校は、ガステルエタ校(スペイン)、レタマール校(スペイン)、ハイツ校(アメリカ)、レッドフィールド校(オーストラリア)、サウスリッジ校(フィリピン)、タクスン校(香港)など、世界に約300セットあります。
(約300セットについて:姉妹校には小中高や大学までの一貫校が多いため、「小中高大など」をまとめて1セットとしています。)
ここでは主な姉妹校について紹介します。

オーストラリア レッドフィールド校

オーストラリア・シドニーにある小中高の男子校。
本校は1988年(昭和63年)からレッドフィールド校と海外研修を開始しており、30年以上交流をしています。
例年、本校の生徒はレッドフィールド校の家庭にホームステイし、本校の家庭もレッドフィールド校の生徒を受け入れています。

レッドフィールド校の敷地は広大で、芝生や池があります。放課後にはラグビーやバスケットボールなどのスポーツに励んでいます。

フィリピン サウスリッジ校

フィリピンのマニラにある小中高の男子校。
1993年(平成5年)にサウスリッジ校の生徒と教員を本校に来校してから交流が開始。
現在では、本校の高校2年生の修学旅行先としてサウスリッジ校の家庭にホームステイを行っています。

サウスリッジ校での修学旅行歓迎式の様子、プレゼントの絵画には本校とサウスリッジ校の校章・校訓が描かれています。

アメリカ ハイツ校

The Heights School

香港 徳信(タクスン)校

Tak Sun Secondary School

スペイン ガステルエタ校

私たちの姉妹校で一番最初にできた姉妹校です。

Colegio Gaztelueta

スペイン レタマール校

Colegio Retamar

イギリス シダーズ校

The Cedars School

2013年創立

イギリス・ロンドンにある日本の中学高等学校にあたる11~18歳が通う男子校。

The Cedars Schoolの根底にあるのは、個人の成長です。カトリックの教育理念に従って、幸せで充実した人生を送るために重要な、道徳的、知的、社会的な徳を身につけられるよう一人ひとりを支援しています。

私たちの目標は、保護者の方々と協力し、一人ひとりの少年が最高の青年に成長できるようサポートすることです。

The Cedars Schoolのモットー

In Gaudio Seviamus





直訳すると「喜びをもって仕えることができますように」という意味です。
私たちは人に仕えるためにここにいるのであり、みなに元気に仕えたいと願っている。というモットーです。

こちらのThe Cedars Schoolの内容は進学予定の生徒が書きました。