• 今日はどないなん?精道三川台中高教頭

豚角煮まん

本日も調理実習の作品をいただきました。

本日は中学3年生の「豚角煮まん(もどき)」

「もどき」と称するのは、これは豚こま肉でできているということ!
豚こま肉を使用することで調理時間が格段に短くなるということらしいです。

いやー、素晴らしい!

私がいただいた班の分は
肉の焼き加減も、レタスの量のバランスも、味付けも、
まさに、

「ちょうどいい!」

というものでした。
ねえ、みなさん。
『ちょうどいい』って、なかなかないですよね!
思いませんか?

大概、
「味付けはいいけど、ちょっと焦げてるよね」や、
「焼き加減はいいけど、ちょっと野菜とのバランスがね」など、
何らかかけてるものですが、全部のバランスがいいってなかなかないですよね。


あっ、言い換えます。
「ちょっと焦げてるけど、味付けいいよね」
「ちょっと肉と野菜のバランスが悪いけど、焼き加減いいね」
に、・・・・お詫びして訂正いたします・・・・。

前後が違うだけで全然印象が違いますよね。
いわゆる「ディスる」結論になるのか、「褒める」結論になるのか。
同じ表現でも前後が違うだけで印象が変わりますよね。

・・・話が脱線してしまいましたが、
ともかく、今回いただいた「作品」は
「ちょうどいい!」美味しいものでした。

ありがとう!ごちそうさまでした!!