下のスライドショーが正しく動作しない場合はページの更新(F5)をお試しください。

H.28 高校演劇作品「ろんぱー☆ルーム」 県高総体ソフトテニス競技団体優勝 H28中高ディベート九州大会優勝 キッズゲルニカ オーストラリア研修 ENGLISH LUNCH 高総体 応援団 スタディサポート 中2 生物実習 姉妹校交流 香港德信(タクスン) 体育祭 応援合戦 中学校 授業風景「数学」

校長あいさつ

保護者とともに 生徒とともに
「第一の教育者は、保護者です」これが本校の教育の幹といえます。保護者と教員が、同じ方針の下で、一体となって教育に取り組むということです。そんなことは取り立てていうまでもないことですが、あらためてこの点を突き詰めていくことこそが、教育の根幹であり、生徒の成長を大いに促すことになると実感しています。本校では「保護者第一」の考えを説明するために、次のように言っています。『子どもとして一番よく知っているのは保護者。生徒として一番よく知っているのは教員』この言葉の中には、教員が持つべき謙虚さと責任が含まれています。「保護者第一」とは、保護者の意見を聞きながら、教員も自信を持って保護者に様々なことを提案し、できるだけ本音を伝えることです。保護者と教員が情報を交換し、生徒(子ども)理解を図ります。特に、中学生の直観力は鋭く、自分の親と先生が一致していると感じると、すぐによい変化が出てきます。また、保護者と教師の相互理解が生徒(子ども)への理解へと結びつき、高校生が人生の意味に真摯に向きあい始め、学力面や精神面で爆発的に伸びていく姿に何度も立ち会うことができました。もちろん、簡単なことではありませんが、時間をかけた話し合いなど、信頼構築の過程の中で、お子さんの成長とともに保護者の方も変化(充実)されていく姿に接し、教育の崇高さに触れる思いです。
お子様の更なる成長のため、我々精道三川台の教職員は、『保護者とともに、生徒とともに』を合言葉に教育にあたってまいります。

校長:廣田 悠二

校訓

合言葉は、ポスムス。


精道三川台中学高等学校は男子校。
自ら学ぶ、心豊かな、たくましい男子の育成を教育目標にしている学校。
学びとは、勉強だけでなく、スポーツも掃除も学びの基本。
のびのびと生徒たちが成長できるステージがここにある。

校訓

POSSUMUS

Possumus(ポスムス)とは、ラテン語で『私たちはできます』という意味です。どんな困難にも怯むことなく、挑戦する気概をもって立ち向かえば、きっと乗り越えられます。自分一人では、挫けそうな時でも、周りにいる人たちと一緒ならきっとできる。旺盛なチャレンジ精神と粘り強さで、それぞれの持つ可能性を大いに開花させてもらいたい。Possumusはそんな思いの込められた、友情と信頼の合言葉です。

自由と責任

自由とは、「何でも好きに選ぶこと」ではなく、「よりよい善を選ぶ能力」です。人は各瞬間の言動に無数の選択肢を持っています。そして、誘惑や間違った価値観に惑わされることなく、「よりよい善」を選ぶことが自由を与えられた者の責任です。自由とは選択する能力ですから、まず、物事をよく知らなければなりません。しかし、ただ単に知るだけでは不十分です。それを正しく評価し、実行に移すことで、自由は完成します。つまり、人間が自由であるためには、確かな知性と強い意志が必要です。

信条

英雄的瞬間

『英雄的瞬間』とは、「その瞬間にやるべきことを、さっと実行に移す」ということです。しかし、実際に行動に移すとなると、それはとても難しいことです。だからこそ「英雄的瞬間」というのです。この習慣が身につけば、将来にわたって役立ちます。聖ホセマリアの書いた『道』に「毎朝、最初の瞬間から自己に打ち勝ちなさい。決めた時刻に起床し、1分たりとも怠惰に負けてはならない。」とあります。毎日の生活の中で、この『英雄的瞬間』が身につくよう、生徒も、教師も取り組んでいます。

教育方針

男女別学教育

元気でたくましい男子の育成


本校では、学習面でも、生活面でも、100%自分を発揮し、はつらつと生活できるよう、男女別学教育を実施しています。男子と女子では、発達の早さ、物のとらえ方、考え方が大きく異なります。それぞれにあったやり方で学習すれば、勉強は分かりやすく、楽しくなり、効果があがります。また、異性を尊重しながら自分の価値に目覚め、生かせる人間形成のためにも別学教育を重視しています。中学から高校に掛けては、剣道を5年間学び、技の習得はもちろん、日本古来の礼儀作法とその心を身につけることができます。

親は第1の教育者

家庭・学校が一体となって育成


現代は「刺激の時代」とも言われています。次々とより刺激的なことを求め、じっくりと考えることが難しくなっています。当たり前のことを当たり前にすることの大切さが忘れられ、何が当たり前なのかさえ曖昧になってきています。そんな時代だからこそ、家庭と学校の意思の疎通を図りながら、子ども(生徒)たちに確かな価値観を伝えていく必要があります。毎学期の担任との個人面談、年数回、学年ごとに行われる教育オリエンテーション、個人指導教師と父親との面談、保護者を対象にした親塾(自由参加)や聖書講座などの様々な勉強会(自由参加)、5月に行われる『かもめ祭り』(いわゆるバザーとは少し違いますが)には、お母さん方はもちろん多くのお父さん方が参加されます。この他、様々な日常活動を通して、家庭との連携を密に図ります。本校にはPTAはなく、一人ひとりの成長や環境に応じて個々に対応していきます。

宗教教育

正しい価値観と生き方を学ぶ


神様を身近に感じ、与えられた自分の命と人々の命をいとおしみ、大切にする生徒の育成を目指しています。宗教(道徳)の授業では、神・人間・世界について、広く高い見地から考え合います。正しい価値観のもと、自分の生き方や社会のあるべき姿について判断し、責任を持って行動する力をつけられるように見守っています。人は誰でも間違いを犯します。その間違いの原因をその都度糾明し、納得しながら前進できるよう励まし、教員も一緒に学んでいきます。また、各学年で学期ごとに、《人間科》、《いのち科》、《聖書科》というテーマに分かれて学びます。

教育システム

個人指導

家庭と連携し生徒の個性を引き出す個人指導教師


教育を実践する上で大切なことは、知識を教えるだけでなく、生徒一人ひとりを理解することです。本校では、担任と『個人指導教師』がついて、生徒とマンツーマンで、がんばったこと、あまりできなかったこと、挑戦しようと思っていることなどに対して、アドバイスや励ましを送ります。定期的な対話に加え、必要なときにはいつでも話すことができる個人指導。担任は原則1年ごとに変わりますが、個人指導教師は複数年持ち上がり、継続して指導に当たります。また、保護者への協力も個人指導教師の務めです。特に、男子生徒にとって重要な、父親とのコミュニケーションを図るために、夕方や休日を利用して、面談や家庭訪問を行っています。

自主勉強

精道三川台独自の指導システム


創立以来、第1期生から連綿と今に続いている家庭学習の指導システム、それが精道の『自主勉』です。宿題とは別に取り組む家庭学習で、教科も提出する先生も自由に、主体的に選ぶことができるので、一人の先生と師弟関係を築き上げていく生徒もいれば、複数の教科担任に各教科のノートを提出する生徒もいます。2~3教科を重点的に強化していく学習スタイルで、提出した大学ノートが2年間で30冊という例も。先生からは、励ましの言葉や学習方法、ペースについてのアドバイスなどを受けながら、自ら学ぶ姿勢や習慣、力を身に付けていきます。

グローバルネットワーク

世界への扉がここにある


精道学園の”精神的な創立者”である聖ホセマリア・エスクリバー神父。若い頃から「人種や身分や年齢に関係なく、すべての人間が聖性に呼ばれている」と人々に呼びかけ、その教えは社会に広がっていきました。1928年に聖ホセマリアが創立したオプス・デイの精神に学び、志を同じくする姉妹校はガステルエタ校(スペイン)、レタマール校(スペイン)、レッドフィールド校(オーストラリア)、サウスリッジ校(フィリピン)、タクスン校(香港)など、世界で300校あまり。ホームステイやボランティア活動などを通じた交流がグローバルな規模で展開されています。

施設紹介

A棟校舎

B棟校舎

第2体育館

テニスコート/グラウンド

第1理科室/第2理科室

情報教室

交通アクセス

学校所在地

住所

〒852-8121
長崎県長崎市三川町1234-1

お問い合わせ

TEL:095-845-6161
FAX:095-845-6166

周辺地図

交通アクセス

お車の場合

長崎自動車道「長崎多良見IC」を下車し、長崎バイパス川平ICを下車し、三川橋の交差点を左折(2分)そのまま直進し、コンビニエンスストアー先の右手の橋を渡り、そのまま直進し、三原団地バス停に向けて坂を上り、バス停手前の左側に赤い建物の本校が見えます。
※駐車場は中高校舎前にあります。

バスをご利用の場合

 県営バス
循環⑤⑪または⑥⑫「三原団地」バス停下車 徒歩5分
住吉(チトセピア前)より三原団地行き「三原団地」バス停下車 徒歩5分
 長崎バス
三川町または西山団地行き「成和田」バス停下車 徒歩5分

公共の交通機関で通学した場合のおよその所要時間

 ・松山・住吉方面(20分)
 ・長与・滑石・中央橋・長崎駅前・女の都(40分)
 ・茂木・小江原・時津・神ノ島・矢上・戸町・諫早方面(60分)
 ・三和町方面(90分)

アクセス数








採用情報を更新しました。9/27