学校行事

4月

  • 入学式
  • 実力考査
  • 新入生研修合宿(1年生)
  • 日曜参観(授業参観)
  • 歓迎遠足
  • 入学感謝ミサ
  • 体育祭(小・中・高合同)

5月

  • 中間考査
  • 生物実習(2年生)
  • 農業実習(1年生)

6月

  • 中総体
  • 期末考査

7月

  • 職場体験(2年生)
  • 特別講座
  • 終業式
  • 夏休み
  • 学習合宿(3年生)
  • 親子キャンプ(1年生)
  • 夏季補習(前期)

8月

  • 海外研修(隔年)
  • 平和学習(中・高合同)
  • 夏季補習(後期)
  • 始業式
  • 実力考査

9月

  • 中間考査

10月

  • 創立記念日
  • 創立記念ミサ
  • 研修合宿(全学年合同)

11月

  • かもめ祭り(小・中・高合同)
  • 文化活動発表会
  • English Day
  • 期末考査

12月

  • 特別講座
  • 球技大会
  • 映写会
  • 終業式
  • 冬休み
  • 冬季補習
  • クラブ別同窓会

1月

  • 冬休み
  • 始業式
  • 実力考査
  • 火山実習(1年生)

2月

  • 期末考査
  • 職場訪問(1年生)

3月

  • 修学旅行(2年生)
  • 卒業式
  • 修了式
  • 春休み
  • 春季補習

日課表

平日(月~金)

朝の会
読書 
08:25 ~ 08:40
1校時 08:45 ~ 09:30
2校時 09:40 ~ 10:25
中休み
(セイドータイム) 
10:25 ~ 10:45
3校時 10:45 ~ 11:30
4校時 11:40 ~ 12:25
掃除 12:25 ~ 12:40
給食
昼休み
12:45 ~ 13:25
5校時 13:25 ~ 14:10
6校時 14:20 ~ 15:05
7校時 15:15 ~ 16:00
終わりの会 16:00 ~ 16:10
部活動 16:10 ~ 18:20

土曜日(隔週)

朝の会
読書 
08:25 ~ 08:40
1校時 08:45 ~ 09:30
2校時 09:40 ~ 10:25
中休み
10:25 ~ 10:35
3校時 10:35 ~ 11:20
4校時 11:30 ~ 12:15
掃除 12:15 ~ 12:25
終わりの会 12:25 ~ 12:35
部活動 12:35 ~ 17:00

中学教育

『人間力』と『学力』の育成

週日は45分×7コマ授業

毎日の課題、ノートチェック、小テストなどを通して習熟の徹底を図ります。さらに土曜日は隔週で授業を実施し、十分な時間を確保します。

中学3年生から放課後に学校で勉強

希望者は月曜から金曜の18時25分から20時25分まで学校で勉強ができます。(スタディーサポート)学校外にも、自習施設として「文教スタディーセンター」(石神町)もあります。

自主的に学習できるようにサポート

自主的に学習する生徒のために、添削指導(自主勉強システム)や長期休暇中の学習会、定期考査前の放課後補習も実施しています。一人ひとりの夢を実現するために、自分の夢に向けた指導体制を組んでいきます。

生徒主体の縦割り活動で、 『心豊かなたくましい男子』を育成

中学校3年間はとても大切です。心身ともに大きく成長するこの時期に、豊かな人間性と自ら学ぶことのできる本当の学力を身につけてもらいたいと考えています。中学校校舎の各教室には、明るい陽光がふりそそぎ、快適な学びの空間があります。その中で、自分の価値に目覚め、それを生かせる人間の形成を目指します。
学習面においては子どもたちの成長に応じた個別指導を実践しています。一対一の指導を通して問題を解決し、理解を深めるよう努めます。

各教科の指導方針

英語科

発音力を高める
英文の意味を理解する上では、強弱を区別し、強く読まれる部分を聞きとれるかが重要です。英語の強弱のリズムを身に付け、英語を聞き取り、その内容を理解して自分で発音できる力を育てます。

数学科

数学の“本質”をつかみ、課題を解決する力を育成
「数学が楽しい」「考えることがおもしろい」という知的興奮を体験しながら、思考力・判断力・表現力を高めたいと考えています。そのためにも「結果」導き出すための「過程」や「理由」を大切にしているかどうか、また、ノートの使い方はいいかなどの指導も行います。

国語科

“根拠”を大切にし、論理的思考力を育成
相手の話や文章の内容を正確に把握し、自分の考えを筋道立てて分かりやすく伝えるためには論理的思考力が必要と考えます。そこで、さまざまな言語活動通して「根拠」を明確にし、読み取り、発言することで論理的思考力を育てます。
また、毎時間、漢字練習の時間を取り、定期的に漢字テストを行います。年間300以上の熟語を覚え、漢字検定にも意欲的に取り組んでいます。

理科

自然の驚異に目をみはる心を大切にする
化石採集や鉱物採集、地層観察などを行ったり、干潟や森林での生物観察会など、授業では得られない体験を通して、大自然のすばらしさに触れさせます。また、天文観測会、生物顕微鏡や双眼実体顕微鏡を使用するなど、多くの実験・観察の中で、目に見える自然現象の奥にひそむ心理や法則に気付かせたいと考えています。

社会科

自ら学び、調べ、考える力を育成
社会を形成する様々な要因の基礎知識を授業で学ぶだけでなく、「まとめノート」や「レポート作成」を通して、私たちが生きている社会とはどのようなものであるかということを知り、やがては社会の形成者として生きていくために、学び、調べ、行動できる生徒を育てます。また、調べ学習を通して、情報を収集する能力、発表する能力を培います。

保健体育科

仲間との学び合いを通して、たくましい心を育成
多様な運動種目を通して、身体機能の活性化と健康を維持するための体力つくりをはかるとともに、バランスのとれた心身の育成を目指します。週1時間の剣道の授業を実施しています。これは、身体面・精神面を養うことと、正しい姿勢を身に付け、相手の礼儀を重んじる心を育てます。

音楽科

合奏・合唱を通して表現することの楽しさを体験
教科書に紹介されている名曲を取り上げ、楽譜を見ながら、楽器を演奏できるように練習し、将来、自分が演奏してみたい曲に出会ったとき、その演奏の手助けとなるような授業を行っています。

美術科

五感を動員した表現活動を通し、豊かな感性を養う
年に1度のスケッチ大会を開催します。光の眩しさ、風の温度、潮の匂い、木の香り、岩の硬さ、腐葉土のふかふかした感じなど、言葉ではうまく表せない”感覚”に触れながら描くことで、知らず知らずのうちに自分の作品に反映されていくことを体感して欲しいと考えています。風景の中に絵の具のチューブから出しただけの色はほとんど存在しません。一本の木の中に様々な緑色が存在することを感じとる心こそが大切と考えています。

技術・家庭科

“自立”と“共生”ができる生徒の育成
技術科では、木工作品を作成することで、作成に至るまでの過程と作る喜び、作られたものへの感謝を感じさせたいと考えています。情報教育では、パソコンの基礎知識を学び、基本的な操作をできるようになることを目標としています。
家庭科では、「栄養素の特徴」「スポーツと食事」「食品の選択・安全衛生」「食生活の課題」などの学習を通して、自分らしく健康的な生活を創造する力を身に付けます。

宗教・道徳科

自らの生き方を問い、自らの価値観を形成
教科書に紹介されている名曲を取り上げ、楽譜を見ながら、楽器を演奏できるように練習し、将来、自分が演奏してみたい曲に出会ったとき、その演奏の手助けとなるような授業を行っています。

部活動紹介

ソフトテニス部

勝つためには今の自分に何が必要なのかをミーティングや日々の練習の中で明確にし、意識することを心がけています。また、うまくいったときの感覚に近づこうとする向上心に満ち溢れた雰囲気を大切にしていきたいと考えています。




◎平成23年 中学校選手権・中総体新人戦 個人・団体3位
◎平成24年 長崎市ジュニア団体中学の部 第3位

サッカー部

本校サッカー部は自立あるチームをスローガンに、一人ひとりのスタイルを最大限に伸ばしています。練習も多種多様で、体も頭も使い日々充実した部活動ライフを過ごしています。







バスケットボール部

何事にも目的をもって一所懸命にやり、声を出す、挨拶をするなどの当たり前のことをしっかりできるチームを目指しています。誰から見られても「いいチームだ」と言われることが大事だと考えています。

◎平成17年度 長崎市会長杯 準優勝
◎平成17年度 長崎新聞社杯 3位
◎長崎市選抜選手9名輩出

[顧問]
  長崎県中学男子選抜チームコーチとして、全国大会優勝経験
  長崎県中学女子選抜チーム総括として、全国大会優勝経験

ディベート部

テーマに対して肯定、否定に分かれて実際に論議をすることを通して「スピーチ力」「コミュニケーション力」を高めます。そのためにも、論議するテーマ、社会問題についてじっくり時間を使って考え、調査することに重点を置いて活動しています。








◎平成20年度 九州地区中学・高校ディベート選手権大会 九州地区 優勝(全国大会出場)
◎平成21年度 九州地区中学・高校ディベート選手権大会 九州地区 準優勝(全国大会出場)
◎平成22年度 九州地区中学・高校ディベート選手権大会 九州地区 準優勝(全国大会出場)
◎平成23年度 九州地区中学・高校ディベート選手権大会 九州地区 準優勝(全国大会出場 ベスト16)
◎平成24年度 九州地区中学・高校ディベート選手権大会 九州地区 4位(全国大会出場)
◎平成25年度 九州地区中学・高校ディベート選手権大会 九州地区 優勝(全国大会出場 ベスト16)
◎平成25年度 パブリックディベートコンテスト 中学の部 優勝
◎平成26年度 九州地区中学・高校ディベート選手権大会 九州地区 準優勝(全国大会出場)

7年連続全国大会出場!

◎平成28年度 九州地区中学・高校ディベート選手権大会 九州地区 優勝(全国大会出場 ベスト8)

総合科学部

ロボコンやエネコン、科学コンクールなどに向けて科学・技術に関する研究・製作をします。プロジェクトチームとしての研究活動や中間報告会によって説明する力を身につけ、年末に発表会を行います。








◎JST(科学技術振興機構)主催「未来の科学者養成プロジェクト」奨励賞
 「原爆資料のインターネット公開についての研究」
 (東京大学で開催された全国研究発表会にて)

交通アクセス

学校所在地

住所

〒852-8121
長崎県長崎市三川町1234-1

お問い合わせ

TEL:095-845-6161
FAX:095-845-6166

周辺地図

交通アクセス

お車の場合

長崎自動車道「長崎多良見IC」を下車し、長崎バイパス川平ICを下車し、三川橋の交差点を左折(2分)そのまま直進し、コンビニエンスストアー先の右手の橋を渡り、そのまま直進し、三原団地バス停に向けて坂を上り、バス停手前の左側に赤い建物の本校が見えます。
※駐車場は中高校舎前にあります。

バスをご利用の場合

 県営バス
循環⑤⑪または⑥⑫「三原団地」バス停下車 徒歩5分
住吉(チトセピア前)より三原団地行き「三原団地」バス停下車 徒歩5分
 長崎バス
三川町または西山団地行き「成和田」バス停下車 徒歩5分

公共の交通機関で通学した場合のおよその所要時間

 ・松山・住吉方面(20分)
 ・長与・滑石・中央橋・長崎駅前・女の都(40分)
 ・茂木・小江原・時津・神ノ島・矢上・戸町・諫早方面(60分)
 ・三和町方面(90分)

アクセス数








採用情報を更新しました。9/27