文字サイズ:小 |中 |大 |

精道学園は「男女別学教育」を実践しています。




ご覧になりたい学校をお選びください

建学の精神


カトリックの教育理念に従って,全人格的な成長を促し,本当の幸せを知り,
味わい,そして周りの人にその幸せを与えることのできる人間の育成。

Possumus

Possumus(ポスムス)とはラテン語で、『私たちはできます』という意味です。どんな困難にもひるむことなく、挑戦する気概を持って立ち向かえば、きっと乗り越えられるはず。自分一人では、挫けそうな時でも、周りにいる人たちと一緒ならきっとできる。旺盛なチャレンジ精神と粘り強さで、それぞれの持つ可能性を大いに開花させてもらいたい。Possumusはそんな思いの込められた友情と信頼の合言葉です。

自由と責任

自由とは、「何でも好きに選ぶこと」ではなく、「よりよい善を選ぶ能力」です。人は各瞬間の言動に無数の選択肢を持っています。そして、誘惑や間違った価値観に惑わされることなく、「よりよい善」を選ぶことが、自由を与えられたものの責任です。まず、物事をよく知らなければなりません。しかし、ただ単に知るだけでは不十分です。それを正しく評価し、実行に移すことで、自由は完成します。つまり、人間が自由であるためには、確かな知性と強い意志が必要なのです。

英雄的瞬間

『英雄的瞬間』とは、「その瞬間にやるべきことを、さっと実行に移す」ということです。しかし、実際に行動に移すとなると、それはとても難しいことです。だからこそ、『英雄的瞬間』というのです。この習慣が身に付けば、将来にわたって役立ちます。聖ホセマリアの書いた『道』に「毎朝、最初の瞬間から自己にうちかちなさい。決めた時刻に起床し、1分たりとも怠惰に負けてはならない。」とあります。毎日の生活の中で、この『英雄的瞬間』が身に付くよう、生徒も、教師も取り組んでいます。

親は第一の教育者

現代は「刺激の時代」とも言われています。次々とより刺激的なことを追い求め,じっくり考えることが難しくなっています。当たり前のことを当たり前にすることの大切さが忘れられ,何が当たり前なのかさえ曖昧になってきています。そんな時代だからこそ,家庭と学校が意志の疎通を図りながら,子ども(児童・生徒)たちに確かな価値観を伝えていく必要があります。毎学期の担任との個人面談,年数回,学年ごとに行われる教育オリエンテーション,個人指導教師と父親・母親との面談,保護者を対象にした親塾(自由参加)や聖書講座などの様々な勉強会(自由参加),男子校では5月に行われる『かもめ祭り』,女子校では10月に行われる『みじょ娘まつり』には,お母さんはもちろん,多くのお父さん方が参加されます。まだまだ,語れないほどの日常的な活動があります。こうして,家庭との連携を図ります。

創立者の肖像

聖ホセマリア・エスクリバー神父
(オプス・デイ創立者 1902-1975)

精道学園の精神的な創立者は、
聖ホセマリア・エスクリバー神父です。

聖ホセマリア神父は、1902年スペインで生まれ、1928年にオプス・ディを創立しました。
1975年帰天し、2002年10月6日に、ローマの聖ペトロ広場において聖人の位にあげられました。

聖ホセマリア神父は、若い頃から

「人種や身分や年齢に関係なく、すべての人間が聖性に呼ばれている。」

と人々に呼びかけました。
そして、その教えは社会に広がっていきました。

『日常生活そのものである小さな事柄の連続の中に超越的な値打ちがあるからです。』

と、聖ホセマリア神父は教えています。

また、聖ホセマリア神父著の『道』には、以下のような
ことが書かれています。

『ほんとうに聖人になりたいか。
 それなら、各瞬間の小さな義務を果たせ。
 なすべきことを果たし、
 また、していることに没頭せよ。』

オプス・デイとは
オプス・デイは、1928年にホセマリア神父がマリッドで創立され、1982年に教皇ヨハネ・パウロ2世によって、カトリック教会の位階制度に含まれる属人区として、設置された国際的規模を持つカトリックの組織です。オプス・デイとは、ラテン語で「神の業」という意味で、正式名は、「聖十字架とオプス・デイ属人区」です。

学園の沿革

1978.02
学校法人 精道学園設立   理事長 新田壮一郎
1978.04 長崎精道小学校開校  初代校長 中島紀子 
1981.08 男子校校舎完成
1981.09 男女別学教育を開始,女子校体育館完成,第2代校長 アカソ・フェルナンド 
1983.10
第8回 日私小連九州地区研修会を本校で開催
1984.03
男子校体育館完成 
1987.02
精道学園歌完成
1987.04
男子校校名を「精道学園 三川台小・中学校」に変更
石神町に分教室(通称「文教スタディ・センター)開設 
1991.04
男子校の小・中学校に教頭制を導入
1991.08
男子校グラウンド整備完成 
1991.10
第16回日私小連九州地区研修会開催が男子校・女子校校舎にて開催 
1993.04
男子校校名を「精道三川台小・中学校」に変更
1995.01
大分県大分市に精道学園研修所「城南台コンファランス・センター」開設
1996.08
男子校小学校校舎に視聴覚教室設置
1998.10
第24回日私小連九州地区研修大会が男子校・女子校校舎にて開催 
1999.05
男子校小学校屋上に天体観測施設を設置 
2000.08
男子校小学校校舎改修事業完成 
2001.09
男子校開校20周年記念同窓会開催 
2004.02
精道学園理事長に中島紀子就任
2004.03
男子校中学校校舎完成 男子校は小学校・中学校別校舎で教育開始
2009.03
精道三川台高等学校校舎完成
2009.04
精道三川台高等学校(男子校)開校 

 

1978.02
学校法人 精道学園設立   理事長 新田壮一郎 

校章・学園歌

校章


学園の教育を受けた児童・生徒たちが自信と信頼、勇気と希望を
もって沖に乗り出して行く姿を象徴している。
新約聖書のキリストの言葉(ルカ;5:4)「沖に乗り出せ」
(DUC IN ALTUM)にちなんだものである。

精道学園 学園歌

 精道学園職員  作詞      山口 修  作曲


 白き翼のかもめ舞う
 碧き港を望む地に
 今日も文読む瞳健やか
 知性を研く望みあり
 心に高く夢を持ち
 遙かな海へ漕ぎ出さん
 精道 精道 未来を担うもの




 お告げの鐘の鳴り渡る
 緑の里に抱かれて
 友と語らう瞳和やか
 誠実に生きる望みあり
 心に愛の灯をともし
 あふれる喜びいざ広めん
 精道 精道 未来を拓くもの








精道学園 学園歌 英語 ver.






英語ver. の音声はこちら!

学園の由来

「精道学園」名称の由来

「学校法人 精道学園」は「精道教育促進協会」がその設立母体である。
この「精道教育促進協会」の「精道」の由来は、当協会の設立地である「芦屋市(兵庫県)」の旧名「精道村」からとったものである。

「精道村」名称の由来

 明治22年、町村制の執行に際して近在の4か村(芦屋、打出、三条、津知)が併せて一行政村を形成した。この時、新名決定に際して、打出と芦屋は自村の名前を主張してゆずらなかった。そこで芦屋市内にあった小学校の名をとって、新しい行政村名とすることになった。これが精道村である。
 この精道小学校は、明治5年の学制公布で設けられた芦屋小学校(安楽寺内)と打出小学校(親王寺内)とが、明治19年に統合されたもので、西宮(兵庫県)の漢学者豊田政苗が「養精修道」の語から選した校名であるという。
 昭和15年11月の市政の実施に際しては、また古来からの芦屋の名が採用され、現在にいたっているのである。

『芦屋の生活・文化史~民族と史跡をたずねて~』
芦屋市教育委員会 昭和54年3月31日発行より

アクセス数 


学校パンフレット

LinkIcon長崎精道小中学校スクールガイド
LinkIcon精道三川台小学校スクールガイド
LinkIcon精道三川台中学校スクールガイド
LinkIcon精道三川台高等学校スクールガイド

学校生活の紹介








関係・協力機関







セイドー外国語研究所(芦屋)
奥芦屋スタディーセンター(芦屋)
下鴨アカデミー女子学生寮(京都)